小児期の神経発達症に伴う入眠困難改善剤

動画が正常に表示されない場合、推奨環境をご確認ください。

これまで国内では、小児期の神経発達症に伴う睡眠障害を適応とする治療薬がありませんでしたが、2020年3月に内因性ホルモンと同一の化学構造式を持つメラトニンを有効成分とするメラトベルが「小児期の神経発達症に伴う入眠困難の改善」の効能又は効果で承認されました。
今回は、本邦における小児期の睡眠障害治療の実態と、メラトベルの臨床成績などについて解説いただきました。

淑徳大学 看護栄養学部看護学科 教授 林 雅晴 先生