亜鉛不足状態が炎症性腸疾患に与える影響

動画が正常に表示されない場合、推奨環境をご確認ください。

日本人の食生活は、昨今の健康ブーム、特に若い女性の過剰なダイエットや加工食品の普及などにより、非常に多様化してきています。
一方、炎症性腸疾患においても、これら食生活の変化から栄養素と病態に深い関連があることが分かり始めました。
今回は栄養素の一つで、必衰微量元素である「亜鉛」と炎症性腸疾患の病態との関連について解説いただきました。

提供:ノーベルファーマ株式会社