神経系疾患
高齢化により増加する高齢者てんかんの診療のポイント

動画が正常に表示されない場合、推奨環境をご確認ください。

高齢者てんかんは全身けいれんの無い「複雑部分発作」と、全身けいれんを伴う部分発作である「二次性全般化発作」の割合が高く、9割以上が部分発作です。
高齢者の特性を考慮したうえで、部分発作に有効で相互作用や酵素誘導作用の少ない抗てんかん薬を選択することがポイントです。

提供:ユーシービージャパン株式会社

関連医薬品

Related Medicines