女性生殖器系疾患及び産褥期系疾患・異常妊娠分娩
産婦人科領域における 静脈血栓塞栓症リスクとその対策 〜OC・LEP製剤の留意点を中心に〜

動画が正常に表示されない場合、推奨環境をご確認ください。

経口避妊薬(OC)および月経困難症を効能・効果とする低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP)の有用性は高く、多くの女性のクオリティ・オブ・ライフ(QOL)向上に寄与しています。
一方で、服用中の静脈血栓塞栓症(VTE)等の発症リスクが課題とされています。
今回は、産婦人科領域の診療における、OC・LEP製剤に起因するVTEリスク、VTEの早期発見、重篤化を防ぐためのアルゴリズムや患者への指導について解説いただきました。

提供 ノーベルファーマ株式会社

関連医薬品

Related Medicines