本編を視聴するには、ログインしてください。

大谷 彰一郎先生:乳がん手術に全摘+再建という選択肢。マンモグラフィーに写らない乳がんにも注意。

乳がん検診において、マンモグラフィー検査では乳がんが写りにくい「高濃度乳房(デンスブレスト)」が、近年、問題になっています。 これは、乳腺が乳房全体に張り巡らされて、マンモグラフィーを撮ると全体的に白っぽく写ってしまう乳房のことです。 こうした乳房タイプの人場合、毎年乳がん検診としてマンモグラフィー検査を受けて「異常なし」と言われていても、もしかしたら乳がんが隠れているかもしれません。 乳がんの手術については、温存手術よりも全摘手術が増えてきています。 正確に言えば、全摘手術を行ったあとに乳房再建術を受けられる方が増えているのです。 乳がんの検診と手術について、最近の傾向を広島市民病院 乳腺外科の大谷彰一郎先生にうかがいました。

関連動画