本編を視聴するには、ログインしてください。

中村 清吾先生:乳がんの検診とは、どんな検査があり、だれがリスクを持っているのか

乳がんの検診は、1987年から癌の早期発見を目的に市町村が中心となって問診と視触診による検診としてスタートしました。その後、2004年から40歳以上の女性を対象に2年に1回の視触診とマンモグラフィー検査へと変更されました。そこで、いまの乳がん検診とその後の精密検査の内容、どのような人が乳がんに罹りやすいのかついて、乳がん治療のスペシャリストである昭和大学病院乳腺外科診療科長中村清吾教授に教えていただきます。

関連動画