本編を視聴するには、ログインしてください。

岩崎 昭憲先生:肺がんの確定診断、小さな病変まで診断できる気管支鏡検査とは

がんによる死亡者数は、1981年に脳卒中を抜いてからその勢いが止まっていません。理由の1つに肺がんによる死亡者数の増加があります。でも肺がんに対する検査や治療には新しい技術が登場しています。その1つに肺の小さな病変を見つけそれががんであるか診断できる新しい気管支鏡の技術があります。ここではその気管支鏡の検査について、肺がんのスペシャリストである福岡大学病院呼吸器外科教授岩崎昭憲先生に教えていただきます。

関連動画