本編を視聴するには、ログインしてください。

動画が正常に表示されない場合、動作環境をご確認ください。

岩崎 昭憲先生:肺がんの外科治療、がんを残さないための根治手術とは

肺がんを治療する上で大事な役割をもっているのが手術です。その役割は、肺やリンパ節からがんを残すことなく切除することです。さらに世界中の研究をもとに作られた肺がん診療ガイドラインでは、ステージ分類ごとに手術の役割が選択されています。ここでは肺がんの外科治療の1つである手術がどのような役割をもっているのか、肺がん治療のスペシャリストである福岡大学病院呼吸器外科教授岩崎昭憲先生に教えていただきます。

関連動画