本編を視聴するには、ログインしてください。

動画が正常に表示されない場合、動作環境をご確認ください。

岩崎 昭憲先生:肺がんの内視鏡手術、医療機関によって技術力に差が出る胸腔鏡手術とは

年間7万人以上の方が亡くなる肺がんは、1998年からがんの死亡者数のなかでトップになっています。これに歯止めをかけるために、超音波や気管支鏡などの検査、胸腔鏡やロボットなどの外科的治療に新しい技術が登場しました。しかしこの技術に追いつけない医療機関もあります。そこで進歩の目覚ましい胸腔鏡下手術がどのような技術なのか、肺がんのスペシャリストである福岡大学病院呼吸器外科教授岩崎昭憲先生に教えていただきます。

関連動画