慢性肝疾患に対する亜鉛補充の意義

動画が正常に表示されない場合、推奨環境をご確認ください。

慢性肝疾患では亜鉛不足が合併しやすいことが、以前から知られています。

特に肝硬変では低亜鉛血症の合併が大変多くみられます。

今回は、肝硬変における窒素代謝異常から慢性肝疾患に対する亜鉛補充の意義まで幅広く解説いただきました。

提供:ノーベルファーマ株式会社