高齢社会における抗凝固療法の意義とは?

動画が正常に表示されない場合、推奨環境をご確認ください。

心房細動(AF)は加齢によって発症リスクが上昇することから、日本ではAF患者数が増加しています。
これに伴い、AFに起因する心原性脳塞栓症の発症率も上昇しており、高齢AF患者の脳卒中をいかに予防するかが、臨床現場の大きな課題となっています。
高齢になるにつれ、腎機能が低下を合併する例も増える傾向にあり、特に高齢・腎機能低下例においては出血リスクにも十分配慮した抗凝固療法が必要となります。
日常臨床で直面する様々なリスクを有する高齢AF患者に対して、非ビタミンK拮抗経口抗凝固薬、NOACをいかに安全かつ適正に使用するのか、議論が続いています。
今回の動画では、石井先生に、血栓塞栓症と出血リスクの双方が高い、高齢・腎機能低下患者の管理や抗凝固療法のポイントについてご解説いただきます。

提供:バイエル薬品株式会社