本編を視聴するには、ログインしてください。

動画が正常に表示されない場合、動作環境をご確認ください。

井上 耕一先生:高齢NVAF患者における抗凝固療法の意義と注意点

高齢は心房細動(AF)の発症リスクであり、高齢者の増加とともに、高齢AF患者が増えており、今後、高齢患者に対する適切な抗凝固療法がますます求められることになります。 今回の動画では、井上先生に、リバーロキサバンを中心とした高齢AF患者に対する抗凝固療法のポイント、また有効性・安全性を判断するための臨床試験や実臨床データの意義についてご解説いただきます。

提供:バイエル薬品株式会社

関連動画