本編を視聴するには、ログインしてください。

動画が正常に表示されない場合、動作環境をご確認ください。

阿部 雄太先生:転移性肝腫瘍と肝門部胆管がんの治療法:根治は可能?治療困難ながんとは?

多くのがんは最終的に肝臓に転移して肝腫瘍を形成します。肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれ、炎症や腫瘍があっても初期にはほとんど自覚症状がありません。つまり、他のがんの検査やがん検診などで偶然発見されることが少なくないがんです。腹部のしこり・圧迫感、痛みなどの症状が表面化した時には、既にかなり進行した状態であるケースもあります。肝臓は全身の代謝や解毒を担う重要な臓器ですから、簡単に全摘出することもできません。 今回は、転移性肝腫瘍と肝門部胆管がんの具体的な治療法や、その治療におけるシビアな管理の内容などについて、慶應義塾大学病院 一般・消化器外科の阿部 雄太先生に教えていただきました。

関連動画