本編を視聴するには、ログインしてください。

動画が正常に表示されない場合、動作環境をご確認ください。

横井 宏佳先生:PCI施行AF患者におけるリバーロキサバンの有用性

心房細動(AF)患者の心原性脳塞栓症発症ま でには、様々なリスク因子が関与し、リスク因 子が重複するほど発症リスクが上昇します。 また、心房細動は血管疾患を合併するケース が増えており、冠動脈疾患を合併しているこ とも少なくないことが知られています。日本 の心房細動診療の実態を検討したレジストリ 研究では、登録AF患者のおよそ15%は冠動 脈疾患を合併しており、経皮的冠動脈イン ターベンション(PCI )施行歴を有する患者は およそ8%でした。PCI 施行歴を有するAF患者 に対し、どのような治療戦略が求められてい るのか、専門医にうかがいました。

提供:バイエル薬品株式会社

関連動画