高齢・腎機能低下VTE患者におけるリバーロキサバンの安全性

動画が正常に表示されない場合、推奨環境をご確認ください。

静脈血栓塞栓症(VTE)の発症初期の再発時期は病態によって異なるため、適切な治療期間について国内外で議論がなされています。
VTEと診断され、抗凝固療法を施行したおよそ10万例の健康保険データベースを検討した海外の報告では、VTEは発症初期3~4週間の再発リスクが特に高いことが確認されています。
リバーロキサバンは再発リスクの高い発症初期から維持期まで、経口薬単剤で治療が可能な薬剤であり、国際共同試験EINSTEIN PEおよびDVT試験において有効性と安全性が検証されました。

提供:バイエル薬品株式会社