本編を視聴するには、ログインしてください。

動画が正常に表示されない場合、動作環境をご確認ください。

宮城 悦子先生:HPVワクチンによる子宮頸がん予防:効能や効果、副作用は?

日本では、数年前のHPVワクチン接種による副反応に対して過剰なバッシングや報道の過熱によって、現在も定期接種であるにも関わらず接種者の数は低迷しています。一定期間のワクチン接種でほとんど100%の予防が可能な疾患であるため、世界では、子宮頸がん根絶に向けてワクチン普及を進めています。接種率がこのまま低い状態を維持し続ければ、日本は子宮頸がんによる死亡者が増える世界で唯一の国になるでしょう。 HPVワクチンの詳しい効能や効果、副作用の具体的な症状、さらに日本と世界のワクチン接種率の差などについて、横浜市立大学付属病院・産婦人科の宮城 悦子先生に教えていただきました。

関連動画