本編を視聴するには、ログインしてください。

動画が正常に表示されない場合、動作環境をご確認ください。

山田 典一先生:VTE初期治療の重要性とリバーロキサバンの有用性

肺静脈血栓症(PE)および深部静脈血栓症 (DVT)はともに発症初期の再発リスクが高 く、抗凝固療法による十分な初期治療が重要 です。また、発症初期のVTE再発時期は病態 によって異なることも知られており、適切な 治療期間について国内外で議論がなされて います。リバーロキサバンは再発リスクの高 い発症初期から維持期まで、経口薬単剤で治 療が可能な薬剤(シングルドラッグアプローチ) であり、さらに日本人における有効性として血 栓退縮効果を示した薬剤です。VTE治療とリ バーロキサバンの有用性について、山田先生 にご解説いただきました。

提供:バイエル薬品株式会社

関連動画