本編を視聴するには、ログインしてください。

動画が正常に表示されない場合、動作環境をご確認ください。

岡部 和倫先生:悪性胸膜中皮腫とは?原因の8割はあの物質!症状や治療法について

悪性胸膜中皮腫は、心臓や肺などの臓器を包む胸膜の表面を覆う「中皮」から発生した腫瘍です。悪性腫瘍の1つであり、1ヶ所に固まって発生しますが、胸膜に沿って広がるように発育するものもあります。症状としては呼吸困難や胸痛、咳などが見られますが、これらは中皮腫に得意的な症状ではないため、早期発見が難しい疾患です。 今回は、悪性胸膜中皮腫の具体的な症状や原因、検査方法やその後の治療法などについて、国立病院機構山口宇部医療センター・呼吸器外科の岡部 和倫先生に教えていただきました。

関連動画