本編を視聴するには、ログインしてください。

動画が正常に表示されない場合、動作環境をご確認ください。

松久 宗英先生:糖尿病の重症化対策:QOLの維持、地域連携の重要性とは?

糖尿病の治療は、一度発症すると一生涯続くことがほとんどであり、いかに重症化しないように良い状態を維持していくかが、重要なポイントです。また、糖尿病の重症化対策は、膨れ上がり続ける社会保険費の抑制にも繋がるため、国を挙げて取り組まれている問題と言えます。 今回は、糖尿病の重症化対策の重要性、地域連携による具体的な治療スキーム、そしてコメディカルの活躍などについて、徳島大学病院・アンチエイジング医療センター長の松久 宗英先生に教えていただきました。

関連動画