本編を視聴するには、ログインしてください。

動画が正常に表示されない場合、動作環境をご確認ください。

小林 栄仁先生:子宮頸がん手術方法:根治性が良いのは開腹か?腹腔鏡か?これからの治療が変わる研究報告も!

子宮頸がんの手術には大きく分けて、開腹手術と腹腔鏡手術の2つがあります。どちらの治療法を選択するのか、メリットやデメリットなどその選択基準には様々ありますが、先日発表された研究報告によって、子宮頸がんの手術方法の選択の仕方が大きく変わる可能性が出てきました。子宮頸がんの腹腔鏡手術の始まりと、2018年11月に発表された報告の詳しい内容、また妊娠機能を温存する場合の適用などについて、大阪大学・産婦人科の小林 栄仁先生に教えていただきました。

関連動画