本編を視聴するには、ログインしてください。

動画が正常に表示されない場合、動作環境をご確認ください。

小林 裕明先生:子宮がんのロボット手術の適応とは:保険適用はあるのか?

子宮がんはがん検診の一つになっている疾患で、近年検診の普及により、早期発見・早期治療開始が可能になっています。早期に治療を開始すれば、子宮は温存することが出来ます。 子宮がんの治療法にはホルモン療法や放射線療法、レーザー治療など様々ですが、今回は子宮体がん・子宮頸がんの切除術において適応があるロボット支援下手術の、具体的な適応症例や保険適用の範囲について、鹿児島大学病院・産科/婦人科の小林 裕明先生に教えていただきました。

関連動画