本編を視聴するには、ログインしてください。

動画が正常に表示されない場合、動作環境をご確認ください。

山田 典一先生:継続治療が必要な患者像とリバーロキサバンの有用性

肺血栓塞栓症(PE)および深部静脈血栓症(DVT)は病態によってリスクが異なります。
VTEの急性期以降の抗凝固療法の適切な治療継続期間に関して山田先生にご解説いただきました。

提供:バイエル薬品株式会社

関連動画