本編を視聴するには、ログインしてください。

動画が正常に表示されない場合、動作環境をご確認ください。

田口 千蔵先生:直腸がんの術前放射線療法とは?メリット・デメリット、副作用はあるか?

直腸がんは消化管にできるがんで、最も肛門に近い部分にできる消化器のがんです。

直腸がんの手術では、肛門の温存が1つの重要なポイントになりますが、肛門温存か非温存かを分ける選択肢の1つが放射線治療です。

直腸がんは形成された場所が肛門に近ければ近いほど、肛門温存が難しくなります。これを解消する手段の1つが術前放射線治療です。

直腸がんの術前放射線治療のメリットや副作用、具体的な治療法について、がん研究会有明病院・放射線治療部の田口 千藏先生に教えていただきました。

関連動画