本編を視聴するには、ログインしてください。

動画が正常に表示されない場合、動作環境をご確認ください。

西良 浩一先生:非特異的腰痛の真実

腰痛の約85%は非特異的腰痛であるといわれていました。 西良先生によると、この85%とは、現在米国の大学で家庭医の教授を務めるリチャード・A・デオ医師が1992年に発表した論文に基づくデータとのことです。 しかし、山口大学が発表した、山口県内の整形外科医に対する調査によると、 本邦においてこの割合は22%にまで改善しているとのことです。 その要因の一つとして、身体所見と問診に基づいた画像診断あるいはブロック診断が考えられます。 レッドフラッグを用いた腰痛の診断手順について西良先生に詳しくご解説いただきました。 また、本邦での腰痛診断の現状、身体所見と問診、画像診断の在り方についてもご言及いただきました。

関連動画