「がん・生殖医療に関する地域連携モデルについて」を公開

「がん・生殖医療に関する地域連携モデルについて:古井 辰郎先生」を公開いたしました。
https://clinicalcloud.jp/contents/865

古井 辰郎先生:がん・生殖医療に関する地域連携モデルについて

・がん診療と妊孕性の低下の実態
・生殖補助医療(ART)の進歩
・具体的な妊孕性温存の選択肢
・胚、未受精卵、卵巣組織凍結の比較

等についてご解説頂いております。

※本編は2部構成となります。
  Part2は、2月13日(木)公開予定です。

 

古井 辰郎先生のご紹介
●専門分野:産婦人科内分泌学、生殖医療
●1990年 岐阜大学医学部卒業。
岐阜大学医学部附属病院産科婦人科学分野臨床教授、
同院がんセンター臨床研究部部門長、同院周産期・生殖医療センター長として勤務。