この動画を視聴するにはログインが必要です。

正岡 建洋先生:過敏性腸症候群の治療法;治療選択は?辛い症状との付き合い方は?

  • 正岡 建洋 先生

過敏性腸症候群(IBS, irritable bowel syndrome)は、各国で10%程度の人が罹患している、珍しくない疾患です。 発症する要因は様々あるようですが、他の疾患と症状が被る部分もあるため、慎重な診察が必要とされています。 今回は、過敏性腸症候群の治療選択肢や、慢性疾患としての付き合い方、「過敏性腸症候群かも?」と思った時に気を付けるべきポイントなどについて、国際医療福祉大学 三田病院 消化器センター 消化器内科 部長の正岡 建洋先生に教えていただきました。