消化器系疾患、肝臓・胆道・膵臓疾患
代謝異常を伴う脂肪性肝疾患〜新概念MAFLDの現況〜

動画が正常に表示されない場合、推奨環境をご確認ください。

肥満や糖尿病などの代謝異常は肝線維化進展の危険因子であり、脂肪肝と代謝異常を合わせたMetabolic associated fatty liver disease(MAFLD)という新概念が2020年、22カ国32人の専門医から成るInternational Expert Panelにより提唱されました。
川口先生は、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)とMAFLDの肝線維化予測能について比較検討した結果を第57回日本肝臓学会にて発表しました。
発表を通し、「MAFLDはNAFLDに比べ、肝線維化スクリーニングの指標として適している」と報告されています。
新診断基準として注目されるMAFLDについて、詳しく伺いました。