「日本の子宮頸がん予防~現状と課題~:宮城 悦子先生」を公開

「日本の子宮頸がん予防~現状と課題~:宮城 悦子先生」を公開いたしました。
https://clinicalcloud.jp/contents/694


宮城 悦子先生:日本の子宮頸がん予防~現状と課題~

・日本のHPVワクチン副反応問題
・HPVワクチンをめぐる国内の動き
・世界が目指す理想的な子宮頸がん予防
・YOKOHAMA HPV PROJECT

についてご解説頂いております。

宮城 悦子先生のご紹介
●専門分野:婦人科悪性腫瘍
●1988年 横浜市立大学医学部卒業
 神奈川県立がんセンター婦人科医長、横浜市立大学付属病院化学療法センター長を経て、
 2017年より横浜市立大学医学部産婦人科学教室教授・大学院医学研究科生殖生育病態医学主任教授として
  勤務。