性腺機能障害における妊孕性温存療法 選べる方法、そのプロセスとは?

動画が正常に表示されない場合、推奨環境をご確認ください。

性腺は、生殖に必要な臓器の総称です。性腺機能障害は妊娠可能性に直結します。性腺機能障害は様々な原因で起こりますが、特に後天的にはがん治療による障害があります。今回は、婦人科がん治療によってどのように妊孕性に影響があるのか、妊孕性温存のための治療法やその選択プロセスなどについて、岐阜大学医学部附属病院 周産期・生殖医療センター長の古井 辰郎先生に教えていただきました。