小児期における睡眠の現状と問題点

動画が正常に表示されない場合、推奨環境をご確認ください。

幼児期の睡眠不足は脳や身体の発育に影響を及ぼすほか、成長後の肥満のリスク因子となることや認知能力の遅れと関連することなども報告されています。
しかし、日本の子どもたちの睡眠時間は諸外国と比べて短く、年齢に応じた推奨睡眠時間をしっかりと確保できていない可能性があります。
今回は、日本の子どもたちの睡眠環境と問題点や、小児期にみられる不眠・睡眠覚醒リズム障害の主な病型と治療方針などについても詳しく解説いただきました。

提供:ノーベルファーマ株式会社