産婦人科
骨粗鬆症の病態メカニズムと治療法;加齢と閉経がポイント?

動画が正常に表示されない場合、推奨環境をご確認ください。

骨粗鬆症は、骨の量が減少することで骨が「鬆(す)」のように脆くなり、骨折しやすくなる病気です。
加齢とともに誰もなり得る病気であり、特に女性の場合は閉経後の急激なホルモン量の変化によって起こりやすいと言われています。
しかし、骨粗鬆症になったとしても、痛みなどの自覚症状はないのが普通であるため、自発的に骨粗鬆症であると気づく人はあまりいません。
今回は、骨粗鬆症の病態のメカニズムと、それに影響するリスク因子、診断に至るまでに重要なポイント、具体的な治療法などについて、医療法人社団善方会・よしかた産婦人科の善方 裕美先生に教えていただきました。