産婦人科
骨粗鬆症の治療と予防;投薬治療の種類は?予防に大切なポイントは?

動画が正常に表示されない場合、推奨環境をご確認ください。

骨粗鬆症は、加齢によって誰にでも起こりうる疾患です。特に女性の場合は、閉経前後の急激なホルモンバランスの変化によって、骨粗鬆症になりやすくなります。
骨粗鬆症は「骨が脆くなる」病気ですから、骨折が起こりやすくなりますが、骨の再生能力が落ちているために、一度骨折すると回復しづらくなってしまいます。
したがって、骨粗鬆症では予防が何より大切です。
今回は、骨粗鬆症の具体的な治療法や、骨粗鬆症の予防法などについて、医療法人社団善方会・よしかた産婦人科の善方 裕美先生に教えていただきました。