この動画を視聴するにはログインが必要です。

福岡山王病院 炎症性腸疾患科 衣笠哲史先生

  • 衣笠 哲史 先生

診療科(施設)の特徴を紹介

QOLを考慮した炎症性腸疾患の診断・治療を一貫して行っています

近隣のクリニックから紹介いただいた炎症性腸疾患(IBD)患者様、中でも潰瘍性大腸炎とクローン病の2つの疾患を対象に診断や治療を行っています。
IBDとは腸の粘膜に炎症や潰瘍を生じる原因不明の慢性疾患で、長期にわたり治療が必要となりますが、きちんとした診断・治療を行うことで日常生活を支障なく送ることができます。IBDは若年者に発症し、就学・就職・結婚などライフイベントに影響を与えるため、患者様のより良い日常生活を目標として治療を組み立てる「患者様個別のtreat to target」を心がけています。
当院の炎症性腸疾患科は、IBDの診断から内科治療、外科治療、術後治療を一貫して行っている全国でも数少ない診療科です。

●対象となる主な疾患
  • 潰瘍性大腸炎、クローン病、肛門疾患、下部消化管疾患 など

【キーワード】炎症性腸疾患,潰瘍性大腸炎,クローン病,指定難病,治療目標

▼福岡山王病院 炎症性腸疾患科HPはこちら
https://f-sanno.kouhoukai.or.jp/department/57