動画が正常に表示されない場合、推奨環境をご確認ください。

周産期地域医療連携の現況と進展


宮崎県は南北に長く、太平洋と九州山脈に囲まれ、年間出生数は約10,000人となります。交通網の限られた条件下で、宮崎大学を中心とした周産期医療体制をどのように構築し、周産期予後の改善に取り組んできたのでしょうか。
宮崎大学の鮫島先生に詳しく伺いました。

【概要】
① 新生児の分娩後後方支援体制について
② 人材確保と育成への取り組み
③ 今後の地域医療連携体制への取り組み