本編を視聴するには、ログインしてください。

動画が正常に表示されない場合、動作環境をご確認ください。

吉田 直久先生:大腸がんの予防と対策の方法とは?リスクファクターを抑えて検診へ行こう!

大腸がんは、近年日本人での発症率が増加しており、特に50~60歳代に好発しています。早期に自覚症状はほとんどなく、血便や腹痛などの症状で来院し、がんが進行した状態で初めて気づくという人が多いようです。しかし、大腸がんにはリスクファクターがあり、検診で早期発見できるがんです。今回は大腸がんの予防方法や、検査を受ける時の病院選びのポイント、さらに大腸がん検診を受ける重要性などについて、京都府立医科大学付属病院・内視鏡/超音波検査部の吉田 直久先生に教えていただきました。

関連動画