NBI・BLIによる胃がんの内視鏡検査について

動画が正常に表示されない場合、推奨環境をご確認ください。

がんの検査方法は、近年目覚ましい進歩を遂げています。
「よりはっきりと病変部が見える」「痛みが少ない」「短時間で終わる」など、患者さんへの負担を減らしながら、正確な診断が出来るような技術が日夜開発されているのです。

今回は、消化器内視鏡で主に利用される「NBI(Narrow band imaging)」と「BLI(Blue laser imaging)」による、胃がんの内視鏡検査などについて、京都府立医科大学付属病院・消化管内科の土肥 統先生に教えていただきました。