動画が正常に表示されない場合、推奨環境をご確認ください。

寺井 義人先生:子宮体がんの腹腔鏡下手術:選ぶメリットと適用の疾患ステージは?


子宮は女性の骨盤内にある臓器で、体部と頚部に大きく分けられます。この「体部」にできるがんが子宮体がんです。
自覚症状としては出血があり、排尿時に下腹部に痛みを感じる人もいます。

子宮体がんの患者さんは近年増加傾向にあり、40歳代から徐々に罹患率が増え、50~60歳代がピークと言われています。

今回は、子宮体がんの病期(ステージ)の分類や、子宮体がんの具体的な治療法、さらに腹腔鏡下手術を行うメリットなどについて、神戸大学医学部付属病院・産婦人科の寺井 義人先生に教えていただきました。