女性生殖器系疾患及び産褥期系疾患・異常妊娠分娩
子宮体がんの治療法

動画が正常に表示されない場合、推奨環境をご確認ください。

日本における子宮体がんの罹患率は近年増加傾向にあります。その中で、治療の選択肢も増えてきました。
術後の回復が早い腹腔鏡下手術や、術後治療としての化学療法、そして徐々に増える若年患者に対しては子宮温存療法などがあります。

それぞれの治療法についてどのような特徴があるのか、また適用される疾患ステージや、治療をする時の病院選びのポイントなどについて、神戸大学医学部付属病院・産婦人科の寺井 義人先生に教えていただきました。