循環器系疾患
深部静脈血栓症(DVT)とは?症状やリスク、検査法が知りたい!

動画が正常に表示されない場合、推奨環境をご確認ください。

深部静脈血栓症(DVT)は、体表から離れた、体の深部に位置する静脈に血栓が生じる病気であり、通常は足に起こります。血栓が形成される原因には様々ありますが、いずれの場合も、血栓が剥がれて肺に到達することで、重篤な症状を引き起こすことがあります。 今回は、深部静脈血栓症(DVT)の主な症状や、リスク因子、検査法などについて、桑名市総合医療センターの山田 典一先生に教えていただきました。