深部静脈血栓症の予後

動画が正常に表示されない場合、推奨環境をご確認ください。

深部静脈血栓症は、静脈に血栓ができることで、様々な症状を引き起こし、他の疾患にもつながる病気です。治療法法の中心は薬物療法であり、症状が強い場合にはカテーテル治療も行われています。今回は深部静脈血栓症の予後について、カテーテル血栓溶解療法の治療成績や再発のリスクなども含めて、桑名市総合医療センターの山田 典一先生に教えていただきました。