神経系疾患
認知症の種類とアルツハイマー病 ; 原因は何?リスク因子は?

動画が正常に表示されない場合、推奨環境をご確認ください。

認知症は、「生後いったん正常に発達した種々の精神機能が慢性的に減退・消失することで、日常生活・社会生活を営めない状態」と定義されていますが、その治療方法はいまだ無く、発症機序も不明な点の多い疾患です。
高齢化が進む日本においては、認知症の治療方法の開発はもちろんのこと、「社会が認知症に対する理解を深めること」が喫緊の課題と言えるでしょう。
今回は、認知症の種類と、認知症の中でもよく知られているアルツハイマー病の発症原因などについて、横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 臨床研究部の秋山 治彦先生に教えていただきました。