認知症の進行と治療;要注意の症状は?早期介入のメリットって?

動画が正常に表示されない場合、推奨環境をご確認ください。

認知症の進行は、ゆっくりとしたものですが、その分、周囲が気付きづらいという点があります。
早期のうちに介入できれば、準備出来ることがたくさんあります。
認知症の進行の仕方は人それぞれですが、本人も家族も、早めに症状に気づき、それに向き合うことが、後々の暮らしをより良いものにすると考えられているのです。
今回は、認知症の初期症状や、その中でも特にアルツハイマー病の進行形態、早期治療をすることのメリットなどについて、横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 臨床研究部の秋山 治彦先生に教えていただきました。