大腸肛門科
NOSEを用いた大腸がん外科治療 そのメリット・適応とは?

動画が正常に表示されない場合、推奨環境をご確認ください。

近年、腹腔鏡下手術は様々な外科手術で用いられています。
前立腺がんや子宮がんなど、従来であれば大きく腹部を切開する必要があったような手術でも、小さく目立たない傷だけで完了してしまいます。
今回は、「NOSE」とよばれる、新しい腹腔鏡下手術の術式にについて、長岡中央総合病院 消化器病センター・外科の西村 淳先生に教えていただきました。