大腸肛門科
NOSEのメリットとデメリット 低侵襲で術後も安心?安全性は?

動画が正常に表示されない場合、推奨環境をご確認ください。

近年、腹腔鏡下手術は様々な外科手術で用いられており、器具の進化によってその利便性や安全性がさらに高まっています。
そのような状況の中、「NOSE(Natural orifice specimen extraction)」とよばれる、新しい腹腔鏡下手術の術式の実施が少しずつ増えています。
今回は、NOSEのメリットとデメリットなどについて、長岡中央総合病院 消化器病センター・外科の西村 淳先生に教えていただきました。