大腸肛門科
NOSEの現状とこれから 合併症は?再発時は?治療成績の具体例も

動画が正常に表示されない場合、推奨環境をご確認ください。

「NOSE(Natural orifice specimen extraction)」は新しい腹腔鏡下手術の術式です。
腹腔内で切除したがんなどを新たなに切開した腹壁から取り出すのではなく、肛門や膣など本来備わっている孔(自然孔)から取り出すことで、さらに低侵襲な手術を目指します。
今回は、NOSEの現況や進展・課題などについて、長岡中央総合病院 消化器病センター・外科の西村 淳先生に教えていただきました。