この動画を視聴するにはログインが必要です。

IBS(過敏性腸症候群)治療の現況と進展

  • 正岡 建洋 先生

国際医療福祉大学 医学部 消化器内科学 教授 の正岡 建洋先生のインタビューです。

【目次】
00:05~ 診療ガイドラインの改訂に伴う治療方針の変更点
01:17~ 便秘型IBSの新規薬剤について
01:55~ 混合型IBSの治療方針について
03:23~ 今後のIBS治療の展望について

【概要文】
日本では便秘型のIBSに対して、薬剤の導入が進んでいます。便秘の主な原因は大きく2つに分けられます。
1つは何らかの原因で便が大腸にいる時間が長くなってしまい、便の水分を吸収されすぎてしまうことで、便が硬くなって詰まってしまうものです。2つ目は食生活などで腸の動きが悪くなってしまい、肛門まで便がいきついていないということがあります。
普段から便が硬い方には、便に水分を与える浸透圧性の下剤を使用します。お腹の動きが悪い方には、腸を動かすための刺激を与える薬を使用します。患者の症状に応じて、それぞれの特徴をもった薬剤を使用するというのが、現在の日本の治療法になります。

海外では医療用医薬品だけではなく、低FODMAP食を食べることで、IBSの症状を軽減させる治療法が取り入れられています。FODMAPは様々な食品に含まれているとされています。
このFODMAPは腸内で分解・吸収されにくく、腸の中に留まってしまいやすいという性質をもちます。そこでFODMAPの含有量が少ない低FODMAP食を取り入れることで、便秘のリスクを減らそうという治療になります。
欧米では治療法の一つとして扱われていますが、今の日本では有効性に対してまだまだ検討が必要という段階で、便秘型IBSの治療法として確立はしていません。

下痢型の治療薬としては下痢止めを使用するのが一般的です。しかしここで見落としてはいけないのが、混合型のIBSです。混合型は文字通り、下痢と便秘を繰り返してしまう病気なので、便秘と下痢どちらの治療をすべきか、専門医でなければなかなか判断がつきません。
便秘と下痢はよくある症状ですが、一筋縄ではいかない症状でもあります。市販薬を試し、治らなければ専門医に相談することが大切です。