この動画を視聴するにはログインが必要です。

松浦 求樹先生:肺がんの内視鏡手術(胸腔鏡手術)とは?

  • 松浦 求樹 先生

肺がんの手術では、内視鏡(胸腔鏡)を使って行うことが増えています。
内視鏡手術(胸腔鏡手術)のメリットは、傷が小さい分、体への負担が少なく、回復も早いことです。ただ、良いことばかりではなく、デメリットもあります。
肺がんの内視鏡手術の概要について、広島市民病院呼吸器外科の松浦求樹先生に教えていただきました。