この動画を視聴するにはログインが必要です。

佐々木 高明先生:肺がんの検査と薬物治療

  • 佐々木 高明 先生

現在、肺がんと診断される患者さんの人数は、年間10万人あたり約90人と大変多くなっています。
肺がんにかかる要因は、喫煙、アスベスト、大気汚染などといわれております。肺がんは40代後半から増えはじめ、高齢になっても発病する厄介ながんです。
ここでは肺がんの検査と薬物療法について、多くの患者さんを診てきた肺がん治療のスペシャリスト旭川医科大病院呼吸器センター講師佐々木高明先生に教えていただきます。