本編を視聴するには、ログインしてください。

動画が正常に表示されない場合、動作環境をご確認ください。

伊豆津 宏二先生:びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の治療法とは?副作用や完治率について知りたい!

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫は、悪性リンパ腫の1つであり、リンパ球の中のB細胞から発生するリンパ腫です。全身の臓器に発生する可能性があるため、病変ができる部位によってその症状は異なりますが、基本的な治療法は化学療法と分子標的薬を併用する方法や、放射線治療の組み合わせです。びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の詳しい治療方法や、副作用を抑えるための工夫、初回治療での完治率などについて、国立がん研究センター中央病院・血液腫瘍科の伊豆津 宏二先生に教えていただきました。

関連動画