耳鼻咽喉科
TEES(経外耳道的内視鏡下耳科手術)とは?適用や今後の課題

動画が正常に表示されない場合、推奨環境をご確認ください。

耳科手術は、1950年代に顕微鏡を用いた術式の発明によって飛躍的に進歩した後、50年ほどは変化のない時代が続きました。
そして1990年に内視鏡が登場し、微細かつ精緻な耳の構造に合わせた、繊細な手術が可能となりました。
今回は、TEES(経外耳道的内視鏡下耳科手術)について、その概要や適用、メリットなどについて、山形大学医学部附属病院 耳鼻咽喉科・教授の欠畑 誠治先生に教えていただきました。